最新の食材輸送技術

魚の冷凍技術などの進化により、現代では海から遠い地域の人でも新鮮な海鮮料理が食べられるようになりました。このような食材の輸送技術の進化は、当然ながら現在も続いています。こちらの記事では、そんな最新の食材輸送技術について紹介していきます。

新鮮なイカを届ける技術

新鮮なイカを届ける技術 - 最新の食材輸送技術

釣りをされる方はご存じでしょうが、イカは釣り上げた直後は非常に透明で、後ろ側が透き通って見えるほどです。しかしイカの身は温度の変化に弱く、鮮度が落ちて白くなってしまうのです。そんなイカの鮮度を保つ技術が、最近使われ始めました。人工海水と酸素を入れて密封することで、生きたまま袋詰めを行うことに成功したのです。

CAS冷凍

冷凍技術も進歩しています。このCAS冷凍は、水分子をコントロールすることで、生に近い状態で冷凍と解凍をおこなうことを可能にする技術なのです。この技術のおかげで、より鮮度の高い刺身を提供できるようになりました。